納税証明書がオンラインで取得可能に!?

納税証明書について、令和3年7月からオンラインで交付申請することにより、PDFファイルで取得することが可能となりました。

そこで、最近お問い合わせがありました電子納税証明書をPDFで取得する方法について、解説いたします。

 

Ⅰ.納税証明書とは

納税証明書とは、納付すべき税額や未納税額等の情報が記載されたもので、税金の滞納等ないことを証明する書類となります。納税証明書が必要となる場面は、金融機関の融資や自治体などの入札や各種重要な契約を締結する場面となります。

 

Ⅱ.電子納税証明書とは

電子納税証明書とは、上記Ⅰ納税証明書のうち、国税庁e-Taxから交付申請し、取得する電子ファイル形式の納税証明書となります。

 

Ⅲ.従来の取扱い

令和3年6月30日までの従来の取扱いは、次の通りとなります。

1.書面で請求し取得する場合
→納税証明書交付請求書を書面で提出し、書面で納税証明書を取得する方法となります。
2.オンラインで申請し取得する場合
→オンラインで申請し、書面又はデータで納税証明書を取得する方法となります。
※納税証明書を書面で提出する必要がある場合には、データで取得した納税証明書は、納税証明書として使用することができません。

(参考URL)
[手続名]納税証明書の交付請求手続|国税庁 (nta.go.jp)

 

Ⅳ.改正後の取扱い

令和3年7月1日以降の取扱いは、上記Ⅲのほかに、書面として使用することが可能な納税証明書(プリンタで出力可能なPDF形式のもの)を取得する方法が追加されております。取得方法は、次の通りとなります。

・STEP1:パソコンから国税庁e-Taxにログイン
・STEP2:納税証明書の交付請求書(電子交付用)からPDFデータを選択
・STEP3:画面表示に従い、必要事項を入力し、送信
・STEP4:インターネットバンキング等で一定の手数料を納付
・STEP5:メッセージボックス受信の電子納税証明書をダウンロード

(参考URL)
PDFファイルによる電子納税証明書の発行等について|国税庁 (nta.go.jp)

 

Ⅴ.まとめ

新型コロナウイルス感染症の影響によって、行動制限がある中、納税証明書の取得が紙面ではなく、デジタルで入手可能となりましたので、納税証明書の取得が必要な場合は、オンラインで請求・取得されることをお勧めいたします。

※投稿日現在における情報・法令等に基づいて作成しております。

弊事務所では、神奈川以外のエリアでも情熱をもって対応いたします。

法人・個人の税務顧問のほか、相続税・贈与税・譲渡所得税の申告といった単発のご依頼もお受けしております。

報酬につきましては、税務顧問の場合は「売上規模」「ご訪問頻度」などに応じて、単発のご依頼の場 合には「財産の規模・種類」「売却価格」などに応じて設定しております。

初回のご面談・報酬のお見積りは無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です