☆経済産業省より家賃支援給付金の申請受付が開始(7/14更新版)

経済産業省から、家賃支援給付金の申請受付が、本日(7/14)から開始しました。

家賃支援給付金とは、5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する法人や個人の事業者の事業継続を下支えするため、賃借人である法人や個人の事業者が負担する地代・家賃(賃料)の負担を軽減するための給付金となります。

申請サイト等は下記の通りとなり、原則としてオンラインでの申請となります。

申請から入金までの期間は、2週間以上を要すると言われており、かつ、持続化給付金と異なり、準備資料が煩雑となっていることから、税理士等の専門家にチェックしてもらい、不備のないよう計画をもって申請することが重要となります。

また、給付額の算定は、「申請時の直近1ヶ月における支払賃料(月額)」に基づき算定されます。ですので、現状の賃料が、免除・減額・猶予されている場合には、免除・減額・猶予されている支払賃料(月額)に基づき算定され、家賃支援給付金が減額されることとなるため申請するタイミングも重要となります。

 

1.申請サイト

https://yachin-shien.go.jp/?yclid=YSS.EAIaIQobChMIr8TRoZPM6gIVQlRgCh0mpAycEAAYASAAEgLKkfD_BwE

2.申請の期間

令和2年7月14日から令和3年1月15日(7月14日時点の予定期限)

※1電子申請の締切期限は令和3年1月15日の24時

※2締め切りまでに申請の受付が完了したもののみが対象

 

家賃支援給付金に関するお知らせ<経済産業省>

https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

弊事務所では、神奈川以外のエリアでも情熱をもって対応いたします。

法人・個人の税務顧問のほか、相続税・贈与税・譲渡所得税の申告といった単発のご依頼もお受けしております。

報酬につきましては、税務顧問の場合は「売上規模」「ご訪問頻度」などに応じて、単発のご依頼の場 合には「財産の規模・種類」「売却価格」などに応じて設定しております。

初回のご面談・報酬のお見積りは無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です