キャンセル料の消費税の取扱いとは!?

新型コロナウイルス感染症の影響による行動制限により、出張等がキャンセルになってしまう事業者様もおり、そのキャンセル料の消費税の取扱いがエビデンスなど書類を見ても確認できず、悩まれる事業者様もいるかと思います。

そこで、最近お問い合わせがありましたキャンセル料の消費税の取扱いについて、解説いたします。

 

Ⅰ.キャンセル料の種類とは

キャンセル料の消費税の種類には、課税されるキャンセル料と課税されないキャンセル料がございます。

 

Ⅱ.消費税が課税されるキャンセル料とは

消費税が税されるキャンセル料とは、キャンセル処理を行う事務手数料(=サービス提供の対価)となります。例えば、電車や飛行機など交通機関の払戻手数料です。

 

Ⅲ.消費税が課税されないキャンセル料とは

消費税が課税されないキャンセル料とは、キャンセルがなければ得られるはずの売上を補てんするための損害賠償金となります。例えば、ホテルなど宿泊施設をインターネットで予約する場合に表示されているもの(=宿泊日が近づくほどキャンセル料が高くなるもの)です。

 

Ⅳ.区別できない場合は

消費税が課税されるキャンセル料と課税されないキャンセル料とを区別できない場合には、その全額を消費税が課税されないものとして処理することになります。

関連サイト
No.6253 キャンセル料|国税庁 (nta.go.jp)

 

Ⅴ.まとめ

キャンセル料の消費税の取扱いは、キャンセル料の内容によって異なりますので、事務手数料なのか、又は、相手の売上を補てんするものなのか、しっかり内容を確認する必要がございます。

※投稿日現在における情報・法令等に基づいて作成しております。

弊事務所では、神奈川以外のエリアでも情熱をもって対応いたします。

法人・個人の税務顧問のほか、相続税・贈与税・譲渡所得税の申告といった単発のご依頼もお受けしております。

報酬につきましては、税務顧問の場合は「売上規模」「ご訪問頻度」などに応じて、単発のご依頼の場 合には「財産の規模・種類」「売却価格」などに応じて設定しております。

初回のご面談・報酬のお見積りは無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です