☆最高裁が初判断~親族の債務相続放棄 本人認知から3ヶ月

伯父が残した債務について、相続人となったことを知らないまま父親が死亡し、その債務を相続する立場になった子どもがいつまでに相続放棄すれば債務の返済を免れるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷は、債務の相続人になったと知ってから3ヶ月以内であれば相続放棄できるとの初判断を示されました。

弊事務所では、神奈川以外のエリアでも情熱をもって対応いたします。

法人・個人の税務顧問のほか、相続税・贈与税・譲渡所得税の申告といった単発のご依頼もお受けしております。

報酬につきましては、税務顧問の場合は「売上規模」「ご訪問頻度」などに応じて、単発のご依頼の場 合には「財産の規模・種類」「売却価格」などに応じて設定しております。

初回のご面談・報酬のお見積りは無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です